畳のインテリア

間島畳店の畳は、日本伝統である“和”のインテリアはもちろんのこと、フローリングに代表される“モダン”なインテリアにも自然と溶け込み、室内全体の質を高める天然素材とこだわりの品質が自慢です。

アメリカやヨーロッパではすでにメジャーとなっている洋風インテリアと畳のコラボレーションは、健康意識の高い欧米の方に日本食と同じくらいに浸透しており、リビングルームなど、ご家族がリラックスする場所に畳を敷くご家庭も増えています。

お家のインテリアの良さを損なうことなく、それをより質の高いものにすることができる“本物の畳”を是非体験してください。

畳の種類

畳の種類

畳にはお客様の用途や好みに合わせて様々な種類がございます。

インテリアのコンセプトや素材に合わせた選択をすることで、インテリアの質をより高いものにします。
間島畳店では、ご相談時にインテリアの種類やお客様の好み、そしてこだわりをお聞きし、お客様のご希望に合わせたお見積りをお出しいたします。是非、お客様のこだわりをお聞かせ下さい。お客様と我々のこだわりが作り出すインテリアは必ず質の高いものになるでしょう。

縁付き畳

縁付き畳
もっとも一般的な畳です。

日本伝統の畳として和室に最も合う畳ですが、畳縁の色や柄、そして素材を工夫することで、洋室やフローリング床の部屋にも合う畳にもなります。縁があることで型崩れしにくいという特徴もあります。

間島畳店では、お客様のこだわりに合う畳縁をお選びいただけるよう、様々な素材、色、柄をご用意しております。

縁なし畳

縁なし畳
縁がない畳は、主に沖縄県の琉球畳に代表されます。

この畳はフローリング床に並べるなどしてインテリアのワンポイントとして使われることも多く、色や柄の種類が多いのも特徴です。

間島畳店では、お客様のこだわりに合う畳縁をお選びいただけるよう、洋室のインテリアにも合う、様々な素材、色、柄をご用意しております。

畳替え

畳は一定の期間が過ぎるとメンテナンスの一環として、「裏返し」「表替え」「新畳(新調)」と呼ばれる3種類のメンテナンスを行います。

どのタイミングで、どの作業を行うかは状態や、期間によって異なりますので、畳替えをご希望のお客様はどうぞお気軽にお問い合わせフォームより、お客様の畳の状態をお聞かせ下さい。

裏返し

【期間の目安】 新畳(新調)または表替え後 約3~5年

裏返しとは、畳表(ゴザ)を取り外して裏側を表面にし、縁を新しくする作業のことを言います。
表面が薄くなっていたり、糸が切れてボロボロになっていると、裏返し作業が出来ない場合がございます。ただし、糸の品質が良い畳表(ゴザ)であれば時期的に表替えの時期であっても、裏返しで対応できる場合もあります。

表替え

【期間の目安】 裏返し後 約3~8年 ※畳表の質で大きく変わります。

下地はそのまま残し、畳表(ゴザ)と縁を新品に取り替える作業のことを言います。
この時期になると、畳同士の間に隙間ができたり、畳一枚一枚の使用頻度の違いから段差ができたりする場合もございますので、表替えの際に、その調節作業も行います。ただし、その状態によって調節が出来ない場合もございます。

新畳(新調)

【期間の目安】 約10年~ ※畳床の材質、傷み具合によって大きく変わります。

新畳(新調)とは、畳全体を丸ごと新品に交換することを言います。
土台の損傷や凹凸がひどい場合に行われます。完全に新しくなりますので、その際にインテリアや、お客様のお好みに合わせて新しい畳をお作りいたします。

ご自宅の畳の状態がどんな状態なのかを、お客様ご自身が把握することは非常に困難な場合もございます。
間島畳店では無料でお見積りいたしますので、お見積り・ご相談をご希望の方は、お気軽にお問い合わせフォームよりご連絡ください。